五山の送り火は、昭和でも昭和初期を連想します

だ五山の送り火は、日本の方にぜひとも見ていただきたいです。そうはいっても、今まではホテルが足りなくて、京都にとまれる人が限られていました。これからは、ホテルがたくさんできるのです。うれしいですね。何度見てもいいですよ、恒例にしてもいいくらいです。今って、仁尾hンらしいものが少なくなりましたよね。それが、いまだに京都にはあるのです。日本人が見て、涙するという感じです。
五山の送り火を見るために、浴衣姿で、男女のカップルがたくさん歩道に出ています。団扇をもって、語らいあっています。昭和を見ているようです。これだけは、昭和でも平成時代にあり続けてほしいものの一つです。
大学生のサークルも、いまだに、自分たちの時と変わらず、ばか騒ぎをしているようなイメージです。五山の送り火は、同じ昭和でも、昭和初期と変わらない様子を連想できます。本当に日本的です。もっともっと感じてほしいです。日本の伝統文化の美しさをです。